読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本しゃぶり

骨しゃぶりの本と何かを繋げるブログ

読んだもの

「おでん屋」こそが道徳の教科書にふさわしい

「おでん」こそが道徳である。教科書に載せるべき料理No.1である理由を今こそ示そう。

萌え絵が迫害されるのは歴史が足りていないから

萌え絵が迫害される理由。それは積み重ねた歴史が足りていないからである。

アニメに「驚き」が多い時代はいつなのか

昔に比べて今のはダメだ。様々な分野で聞く言葉である。それはアニメも例外ではない。しかし、本当にそうだろうか。 調査の結果、今のアニメのほうが「驚き」に満ちていることがわかった。

進化論を学ぶなら、まず思想を捨てなさい

本を紹介したところから始まる進化論と人類についての講義

マキアヴェッリの風俗レポ 1509

500年以上も読み続けられている風俗レポを紹介しよう。舞台はルネサンス期イタリアのヴェローナ。著者は『君主論』のニコロ・マキアヴェッリである。

他人を生け贄に捧げる。あなたは本の内容をモノにする。

他人を生け贄に捧げることで自分の知識を増やすライフハック

見よう見まねの生ハムメロン

真似をするにしても、例えに出すにしても、気をつけなくてはいけないことがある。 それは、本質を理解してやれ、ということだ。 そう、例えば生ハムメロンとか。

なぜ読書量を3倍にする必要があるのか

読書するだけではだめだと思い知らされる

街中に巨乳で性的なキャラが他にもいた件

女性の特徴をあまりにも強調したフィギュアを紹介する

【草食向け】ヤレるメスの見分け方

草食のための種類別攻略法

ジョブズを目指すならプログラミングより書道を習わせよ

書道を歩みなさい

ミニマリストは働かない

最小限とか言いながらあいつら結構いいものイロイロ持ってるよな。

待ちに待った連休で、何が何でも充電するために実践すべき9の答え

来るべき週末に備えろ。電源を泣く泣く落とすようなことがあってはいけない。

本は電子書籍が出る前から息してない

読んだ。 本が本でなくなる日 - TechCrunch この記事に限った話ではないが、電子書籍が普及してからというもの「本は死んだ!」みたいな話をたびたび目にする。俺から言わせてもらえば「今更?」って感じだ。本が息をしなくなってから相当経っているだろ。

やっぱり今でも科学の進歩は加速している

読んだ。思い描いていた未来とは違うが、科学の進歩は加速しているだろ。 子供の頃に思い描いていた21世紀とは随分違うなぁって話 - ネットの海の渚にて 先日、10年ぶりくらいに映画「AKIRA」を見た。1988年公開の作品なのだが古さを感じさせない映像美や街…

ブログに嘘を書くのは気前のいいやつ

公開、満を持して。 乗り遅れた感あるが仕方ない。こういうことがあったわけだし。 言及は暴発する - 本しゃぶり そんな感じで定刻通りいかなかったが読んだので書く。 個人ブログの嘘はどこまで許されるのかなって話 - ネットの海の渚にて 痴漢冤罪で社会か…

【書評】アップルが生みだした熱狂的信者の本 / “Think Simple ―アップルを生みだす熱狂的哲学”

Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学作者: ケン・シーガル,林信行,高橋則明出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2012/05/23メディア: ハードカバー購入: 8人 クリック: 520回この商品を含むブログ (67件) を見る AppleのMagic TrackpadとLogicoolのG700…

掃除ロボットを女性型にするのは合理的になりうる

読んだ。メイドロボ実現はよ。 人工知能学会の表紙は女性蔑視? - Togetterまとめ 掃除ロボットをガイノイドにするのは合理的だろ。必要以上に差別を回避しようとすると合理性が失われるから困る。

ケモノに権利は与えない

読んだ。イルカの次はチンパンジーですか。 チンパンジーは人間とみなされるべきだろうか? « WIRED.jp 人間以外に権利を与える気にならない。

「職業に貴賎なし」だからこそ職業に上下が生まれる

ブルーカラーが下に見られるのは「職業に貴賎なし」が広まったせいではないだろうか。むしろ貴賎の差があったほうがブルーカラーの価値は上がる。

【雑記】やらかせる人が選ばれる

読んだ。珍しく素直にすげえと思った。 帰ってきたバッタ博士[前篇] バッタ博士の「今週のひと工夫」番外編:PRESIDENT Online - プレジデント ちょっと白粉買ってくる。

【雑記】思いやりを持つなら電車内の通話を許す

読んだ。次の戦隊に備えて口をはさもう。 10年前の高校生が解説する「なぜ電車内の通話がダメなのか」 俺は電車内で通話を出来るようにすべきだと思っている。もはや残骸と化しているマナーで利便性が損なわれるのが気に入らない。

【雑記】ブログは自己満足で書けない

読んだ。自己満足じゃないだろ。 ブログは自己満足でいいと思うんすよ - ロックンロールと野球とラーメン ここ最近ブログがどーたら、書き手がこーやら、読み手があーやら、と色んなエントリで書かれている。今日読んだこのエントリもまあ、そんな感じ。僕.…

【雑記】結局のところ自分が読みたいものを書く

読んだ。このブログもたぶん書評ブログなので俺も書く。 おいしい書評の書き方 - (チェコ好き)の日記 私はよくこのブログで、書評のような感想文のような、得体の知れないものを書いています。*1そんな中で先日、内田樹の『村上春樹にご用心』を読んでいる途…

【雑記】平和を望むならやり返せ

読んだ。この手のことには言っておくことがある。 16歳の女の子が語った「勉強することの意味」 - いつか電池がきれるまで 『○に近い△を生きる』(鎌田實著/ポプラ新書)で、こんな話を読みました。16歳のマララさんは、パキスタンの女学生だった。女性が勉…

【雑記】俺の葬式したい人っている?

読んだ。葬式について思うことがあるので書く。 僕のものすごくいいかげんな宗教観を告白します - ←ズイショ→ 近頃宗教についての話題をよく見かけましたので僕が2013年11月現在で宗教のことをどう思っているのかメモっとこうと思いました。しかし宗教は大変…

【雑記】文章を奇妙にさせるシンプルで具体的な方法

読んだ。いいねこういうの。 文章力を向上させるシンプルで具体的な方法 - 自由日記 文章力を向上させるための文章術に関する記事を見かけることがある。僕自身も過去にそういったいわゆる文章に関する記事を書いたことがある。しかし方法論や心がけのような…

【雑記】amazonを手本に募金を考える

読んだ。やっぱり募金が苦手なのは俺だけじゃあなかったか。 僕は街頭募金が苦手だ。 - いつか電池がきれるまで 僕は街頭募金が苦手だ。先日、息子の七五三で太宰府天満宮にお参りに行ったら、太宰府の駅前で、高校生らしき若者たちが、大きな声をあげていた…

【雑記】ブクマでステマが芽吹くまで

読んだ。小規模なブロガーとして俺も口挟む。 お前らがぎゃーぎゃーうるせえから、中小ブログにはてぶが付かなくなっただろうが。 - amazonそして、なんちゃってDJ お前らが身内ではてぶするのがどうだ、はてなブログのトップにトマト画像ばっかりになるとか…

【雑記】2chまとめブログ好きなやつwww

読んだ。俺も言っておこう。 2ちゃんねるのまとめブログがキライな話 - ネットの海の渚にて 俺は2ちゃんねるまとめブログ(以下まとめブログ)が嫌いだ。キライだからキライである。理由は特に無い。と言うと記事がここで終わりになってしまうのでなぜキライ…

【雑記】真実へ至る本の積み方

読んだ。書評ブロガーとして言及せざるを得ない。 【画像】 「本を読む人と、読まない人」 の比較画像が凄いと話題 これは考えさせられる・・・ : 【2ch】コピペ情報局 殆どの人は間違っている。俺が正しい本の積み方を教えたほうがいいようだ。

【雑記】性格は血液型で決められる

読んだ。俺も血液型を教えると、二面性があると言われるので書いてみる。 AB型は表面に本心を見せない?その特徴と構造主義 - のぐちょの”気になる”ブログ photo credit:kvanhornviaphotopincc松岡修造ってAB型らしいよ、のぐちょ(@yuukinogutyo)です。みな…

【雑記】ブログが孕む時

読んだ。感想の感想を書いてみる。 感想グループの、感想の感想なのだ。 - 犬だって言いたいことがあるのだ。 今後の感想をブログで書いてもらえると喜ぶグループのゆくえについて、色んなブログから感想をいただいた。貴重な時間と労力をかけて書かれた、面…

【雑記】ブログを書くのに下書きをするかどうか

読んだ。俺も書いてみる。 ブログを書くとは「自分を切り出す」こと。感情に合わせて変える手書き、事後修正のタイプ。。 - のぐちょの”気になる”ブログ photo credit:Jonathan_W (@whatie)viaphotopincc手書きが好き!字汚いけど… のぐちょ(@yuukinogutyo)…

【雑記】IEが不人気な理由が擬人化されてわかった

読んだ。そして考えた。 マイクロソフト公式のIE擬人化キャラ『藍澤 祈』、1995年生まれ18歳 - Engadget Japanese IEが不人気な理由がわかった。

【雑記】意識低めな自己啓発書とのつきあいかた

読んだ。そして語ってみた。 茂木健一郎に騙されて通信制高校からAO入試受けた結果wwww - Togetter

【ジョジョ】シーザーのバンダナはジョナサンに受け継がれる

読んだ。気になることがあったので調べてみた。 【画像】荒木飛呂彦「久々少年ジョナサン描いたwww」

【雑記】頭を使う質問をする面接官は頭使ってない

読んだ。この手の試験がまだ話題に上がることが信じられない。 世界的企業の入社試験に採用された難問とその回答を黙々と書いてく