本しゃぶり

骨しゃぶりの本と何かを繋げるブログ

死刑となったイエスの家族構成に迫る!事件の背後には生い立ちが関係か?

死刑判決が下されたイエスですが、彼の生い立ちや家族構成など様々なことが判明してきました。

一部からはキリストとも呼ばれている彼について、周囲の評判も含めて書いていきたいと思います。

f:id:honeshabri:20180128204738j:plain
BBC Newsで報じられたイエスの素顔 http://www.bbc.com/news/magazine-35120965

生い立ち

生まれですが、公式にはユダヤベツレヘムで誕生した*1ことになっています。しかしこれは家系を盛るためのウソである可能性があり、実際はガリラヤのナザレであると思われます。

幼少期から失踪まで

幼少期は神童だったと言われています。12歳の時、彼が教師たちと会話しているのを聞いた人々は、イエスの賢さやその答えに驚嘆したそうです*2

ChristInTheTemple.jpg
By Heinrich Hofmann - http://www.artknowledgenews.com/files2010apr/Heinrich-Hofmann-Der-zwrlfjahrige-Jesus-im-Tempel.jpg, Public Domain, Link

大人になったイエスは父親と同様に大工となりました*3

エスが変わってしまったきっかけは、とある新興宗教の教祖に出会ってからだと言われています。この男は当時ヨルダン川の周辺で宗教活動を行っており、人々に「悔改めよ、天国は近づいた」などと吹聴していたそうです*4。男は後に捕まり、獄中で死ぬことになります*5

f:id:honeshabri:20180203094708j:plain
Leonardo da Vinci [Public domain], via Wikimedia Commons

その後イエスは家族の下を離れて活動を始めます。そして熱心な支持者を獲得していったのです。

ターゲットは社会的弱者

エスが狙いを定めたのは病人や低所得者といった、社会的弱者と位置づけられる人々でした。そういった人々の下へ言葉巧みに近づいて自らの支持者にしてしまう、それがイエスの手口です*6。溺れる者はワラも掴みます。一度評判が広まると、後は向こうからやってくるのでした*7

Eustache Le Sueur 003.jpg
By Eustache Le Sueur - Web Gallery of Art:   Image  Info about artwork, Public Domain, Link

法を軽んじた数々の言動

エスの言動を探っていくと、そこには法を軽んじた精神が見られます。

法を犯していることを指摘された時、イエス個人の都合が優先されると述べたそうです*8。またある時は人々に向かって強盗の手順を説明した*9あげく、「人には、犯す全ての罪も許される」と語りました*10

このような言動をしているだけあって、罪人と交流している姿も目撃されています*11。この時イエスは「俺は罪人を招くために来た」と発言した*12そうなので、これは意図的な行動と言えるでしょう。

業務妨害罪の疑い

エスというとその反社会的な発言が槍玉に上がりますが、過去にはより直接的な問題行動を起こしていたとの情報があります。彼には業務妨害罪の容疑がかけられています。

ある日、仲間を引き連れて神殿に訪れたイエスは、突然そこで働いていた人たちに襲いかかりました*13。神聖な祈りの場は、一瞬にして悲鳴と怒号に包まれます。

Luca Giordano - Christ Cleansing the Temple - WGA09000.jpg
By Luca Giordano - https://www.bjumg.org/wp-content/uploads/_image/8333-f2365e88.jpg, Public Domain, Link

店員を追い出したイエスは、周囲の店をメチャクチャにしました*14。神殿の人たちはイエスを捕らえたくても、イエスに煽動されて興奮した群衆を恐れ、見ていることしかできなかったと言います*15

また、同日に近所でイチジクの樹が突如として枯れ果てるという事件がありました*16。これもエスの仕業である疑いが強いです。その日の朝、イチジクの樹に向かって怒声を浴びせるイエスの姿があったとの目撃証言があります*17

Brooklyn Museum - The Accursed Fig Tree (Le figuier maudit) - James Tissot.jpg
By James Tissot - Online Collection of Brooklyn Museum; Photo: Brooklyn Museum, 2008, 00.159.197_PS2.jpg, Public Domain, Link

家族構成

エスの家族は父親・母親・弟4人・妹2人以上とのこと*18。妹は複数いることが分かっていますが、名前はもちろんのこと、正確な人数も不明です。

エスが幼い頃には家族でエジプトへ行き*19エルサレムへも毎年行っていたようですから*20、家族仲は悪くなかったのではないかと思われます。しかしイエス自身は、本当の家族は別にいると、幼い頃から思っていたようです*21

父親の職業は大工です*22。彼は誠実な人だったと言われています*23

Gerrit van Honthorst - Childhood of Christ - WGA11656.jpg
By Gerard van Honthorst - Web Gallery of Art:   Image  Info about artwork, Public Domain, Link

ところが、イエスの本当の父親は別に存在するという噂があるのです。

本当の父親は?

実は母親がイエスを妊娠した時、両親はまだ結婚していませんでした*24。そしてイエスが生まれるまで、二人の間に性交渉は無かったというのです*25。ではイエスの本当の父親は誰なのでしょうか?

ここで名前が浮上してくるのが、有力者のY氏です。Y氏こそがイエスの本当の父親だと人々は言います*26

絶大な力を持っているY氏は過去に様々な制裁を行ったことで知られており、その内容は非常に厳しいものでした。特に自分と敵対する者と裏切り者には容赦がありません*27*28。このY氏が相手ということであれば、イエスの戸籍上の父親であるヨセフが離縁しなかったのも納得がいきます。彼に逆らえるはずがないからです。

San José y el Niño Jesús (Museo de Bellas Artes de Granada).jpg
By Alonso Cano - [3], Public Domain, Link

このY氏ですが、いろいろと謎の多い存在です。今回、彼のことを書くにあたって調査したのですが、外見や特徴は一切不明でした。顔写真や似顔絵はおろか、目撃証言すら残っていないのです。これは自分を目撃した人間を全て消しているためであると言われています*29

Y氏があまりにも謎に包まれているためか、イエスとの関係にも様々な説があります。中にはイエスの父親であるどころか、エスとY氏が同一の存在であると主張する人たちもいるくらいです。これ以上の深入りは止めておきます。

地元住民の声

昔からイエスのことを知る地元の人達はイエスについてこう語っています。

まったく大工の若造が何を偉そうに言っているのかと思ったよ。いったいどこでそんな知識を仕入れてきたのやら。俺はあいつの家族のことだって知っているんだ。奇跡?そんなものは起きてないよ。あいつがやったのは病人にちょっとばかし優しくしてやっただけさ*30

またある人はイエスが家族を追い返した話をしました。

エスがいると聞いて、家族総出で迎えに来ていました。彼は気が狂ったのか、おかしな話ばかりしていましたから*31。だから言ったんですよ、「ご家族があなたを迎えに来ましたよ」と。そしたら何と答えたと思います?「今ここで話を聞いている皆が俺の家族だ」と言って会おうとしなかったんです*32

遠い地方の人まで会いに来るほど敬われることに成功したイエスですが、さすがに過去の自分を知っている人達が相手だと、そうも上手くいかなかったようです。

Millais - Christus im Hause seiner Eltern.jpg
By John Everett Millais, Public Domain, Link

まとめ

ここまで読んだところで、あなたはイエスに対してどのようなイメージを抱いただろうか。

何か事件が起きるたび、容疑者の情報をゴシップ記事的にまとめるトレンドブログが動き出す。そこに書かれた言葉は刺激的で、読んでいて好奇心が満たされると共に感情が高ぶるかもしれない。

だからこそ言っておこう。人に惑わされないように気をつけなさい*33。かのイエス・キリストですらこのように歪曲して語ることができるのだ。内容の真偽が定かではない数多のトレンドブログではどうなのか言うまでもない。

ゆえにフェイクニュースを警戒せよ。彼らは羊の衣を来てあなた方のところに来るが、その内側は強欲な狼である*34。ましてやそういった記事を根拠に人を裁いてはならない。自分が裁かれないためである*35。もし思い当たる節があるならば、こう言っておこう。


悔改めよ。

El Greco (Domenikos Theotokopoulos) - Christ Blessing ('The Saviour of the World') - Google Art Project.jpg
By El Greco - 7QFG_T532yg-_A at Google Cultural Institute maximum zoom level, Public Domain, Link

関連記事

こっちは旧約聖書がメイン。

*1:マタイによる福音書2-1

*2:ルカによる福音書2-46~47

*3:マルコによる福音書6-3

*4:マタイによる福音書3-1

*5:マルコによる福音書6-17~27

*6:マルコによる福音書1-23~27、他多数

*7:マルコによる福音書1-45、他

*8:マルコによる福音書2-24~28

*9:マタイによる福音書12-29

*10:マタイによる福音書12-32

*11:マルコによる福音書2-15

*12:マルコによる福音書2-17

*13:マルコによる福音書11-15

*14:マルコによる福音書11-15

*15:マルコによる福音書11-18

*16:マルコによる福音書11-20

*17:マルコによる福音書11-14

*18:マルコによる福音書6-3

*19:マタイによる福音書2-14

*20:ルカによる福音書2-41~42

*21:ルカによる福音書2-49

*22:マタイによる福音書13-55

*23:マタイによる福音書2-19

*24:マタイによる福音書1-18

*25:マタイによる福音書1-25

*26:マルコによる福音書15-39

*27:イザヤ書37-36

*28:出エジプト記32-7~10

*29:出エジプト記33-20

*30:マルコによる福音書6-1~5

*31:マルコによる福音書3-21

*32:マルコによる福音書3-32~35

*33:マルコによる福音書13-5

*34:マタイによる福音書7-15

*35:マタイによる福音書7-1