読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本しゃぶり

骨しゃぶりの本と何かを繋げるブログ

【雑記】IEが不人気な理由が擬人化されてわかった

読んだもの

読んだ。そして考えた。

マイクロソフト公式のIE擬人化キャラ『藍澤マイクロソフト公式のIE擬人化キャラ『藍澤 祈』、1995年生まれ18歳 - Engadget Japanese

IEが不人気な理由がわかった。

俺のブラウザ

IEとの付き合いは長い。小学校で初めてインターネットに触れたが、その時から既にブラウザはIEだった。中学校の頃もずっとIE一筋だった。というか情弱だったので インターネット=IE であり、他にもブラウザがあるなんて知らなかった。だから当然不満が出てもそういうものだで済ませていた。

だが今は違う。メインにFirefoxを使い、サブにSafariChromeを使っている。IEはプライベートでは一切使わない。そもそも今のPCはMacだから入っていたことすらない。ブラウザはやはり拡張性が大事だ。どんどん自分好みにカスタマイズできてこそなのだ。特に縦タブができないと話にならない。だからこそFirefoxがメインなのだ。

ツリー型タブ (Tree Style Tab) :: Add-ons for Firefoxツリー型タブ (Tree Style Tab) :: Add-ons for Firefox

スイッチングコストさえも凌駕する

ある程度ネットに触れている人間にとって共通の認識がある。IEは他のブラウザを入れるためのブラウザというやつだ。使うのは最初だけで後はお役御免。戦力外通知。敗北確定噛ませ犬。

しかしよく考えると不思議だ。スイッチングコストというものがある。優れたものが他にあっても使い慣れたものから乗り換える際にかかるコストのことだ。普通に考えれば初めて使うブラウザがIEならその後もIEを贔屓にするほうが自然だ。しかし実際には多くの人が乗り換える。少なくとも個人での使用に関しては。一体なぜか。

幼馴染キャラの宿命

冒頭に貼った擬人化の記事を見て俺は真実に辿り着いた。IEとの付き合いは1995年からの18年。つまりIEは俺の幼馴染と言っていいだろう。いや、俺だけではない。1995年以降に小学生だった人達はほぼ全員当てはまるだろう。そしてここで今回のIE擬人化キャラ『藍澤祈』の自己紹介文を見てみよう。

「小さな頃は不器用で、トロくて、ドジな女の子でした」

幼馴染、不器用、トロい、ドジ。完全に敗北確定ヒロインのプロフィールだ。物語の序盤で主人公の世話を焼くけど、特別な能力を持たないから戦闘では役に立たずしかも地味。結果、後から出てくる個性的なキャラに出番を奪われフェードアウトしていく。そういうキャラだ。というわけで結論。IEが不人気なのは幼馴染だから。

IS [インフィニット・ストラトス] 篠ノ之箒 紅椿 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

IS [インフィニット・ストラトス] 篠ノ之箒 紅椿 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)