本しゃぶり

骨しゃぶりの本と何かを繋げるブログ

【ユーリ!!! on ICE】グエル公園におけるユリオとオタベックの立ち位置について

『ユーリ!!! on ICE』の10話を見て二人の立ち位置が気になったので、グエル公園で確認してきた。

f:id:honeshabri:20161230121230j:plain

きっかけ

この地図を作っている時のことだ。

一昨年の失敗*1を踏まえ、今回はキャラがいた場所だけでなく、撮影位置もあらかじめ調べておこうと考えた。そこでシーンごとにどこから撮影すればいいか、Google Earthストリートビューを駆使してメモしていた。

そんな中で気になったのがこの一連のシーンだ。

f:id:honeshabri:20170111203358j:plain:w450 f:id:honeshabri:20170111203509j:plain:w450 f:id:honeshabri:20170111203636j:plain:w450
『ユーリ!!! on ICE』10話より

おわかりいただけただろうか。

グエル公園の中央広場はこのような形状になっている。

f:id:honeshabri:20170113200153j:plain:w450

二人の立ち位置について、上の3つのシーンが同時に成り立つ場所が無いのだ。知っての通り、この時のユリオとオタベックはずっと同じ場所に立っている。1枚目と3枚目だけならば真ん中の凸部 (上記画像の右端部) にいると考えていい。だがそれだと2枚目が成り立たないように見える。

この謎を解くため、俺は現地で調査することにしたのだった。

調査結果

結論から書くと、ユリオとオタベックは2枚目の時、立ち位置を変えている

f:id:honeshabri:20170111211140j:plain:w450

1,3枚目の時はの位置に立っている。2枚目の時はの位置に立っている。矢印はそれぞれの時のカメラの位置である。つまり1枚目から2枚目の間に、以下のように移動しているのだ。

f:id:honeshabri:20170113204920j:plain


現地で撮影したところ、以下のようになった。

f:id:honeshabri:20161230124820j:plain
から正面を見た光景


f:id:honeshabri:20161230130703j:plain
を隣の凸部から見た光景

アニメのシーンと同じ構図で撮影するならば、場所を移動しなくてはいけない。俺の認識は間違っていなかった。あの二人は会話中に一度移動し、また元の位置に戻っていたのだ。フィギュアスケーターの脚力ならば、瞬時に移動することも可能なのである。

考察

なぜこのように立ち位置をシーンで変えたのだろうか。好意的に考えるならば、この方が絵になるからだろう。もしを横から見るならば、このようになる。

f:id:honeshabri:20161230130916j:plain

バックには木が多く、あまり面白みの無い光景である。一方でならば、奇妙な屋根の門番小屋を入れることができる上、中央広場の特徴である波状のベンチもよく分かる。いちいちキャラの立ち位置を気にする人など少ないだろうから、思い切って見た目優先にした、ということだ。

最初はを横から見た資料が無かったのかと考えたのだが、ストリートビューで見ることができるので違うだろう。なので意図的に変えたということにしておく。BDでも修正されないだろう。

まとめ

  • 二人はワープしている
  • 時には整合性よりも見た目を優先する勇気
  • グエル公園であのシーンを再現するならば、そのつど場所を変えるべき
  • 現実のグエル公園は、撮影するために待つ必要がある程度には混んでいる
  • カメラを向ける方向が周囲と90度違う俺

ユーリ!!! on ICE ユーリ・プリセツキー スニーカー 27cm

ユーリ!!! on ICE ユーリ・プリセツキー スニーカー 27cm

その他『ユーリ!!! on ICE』バルセロナ聖地巡礼記事


*1:インドでジョジョの聖地巡礼をした時、ガンジス川の撮影方向をミスった