本しゃぶり

骨しゃぶりの本と何かを繋げるブログ

ビーナスはポルノなのかGoogleに問いかける

一般的に芸術作品ならば裸体に対する忌避感が薄くなる。
それが人間世界の常識だからだ。

しかしAIが相手ならどうだろう。

センシティブな画像

これはウジェーヌ・ドラクロワの『民衆を導く自由の女神』である。

f:id:honeshabri:20190623190553j:plain
Eugène Delacroix [Public domain],Link

いや、おっぱいをクリックする必要はない。実験はすでに終了している*1

押したくなるのは分かる。前回の結果に対するコメントにもあったように、この絵は構図や明度の差によって女神の胸部に視線が行きやすい。そのためか、昔はこの絵の掲載が拒否されたこともある。「昔」と言っても1年ちょっと前のことだが。

www.afpbb.com

結局この対応は「誤り」だったとFacebookは認め、掲載することができるようになった。

しかし、この問題はまだ終わったわけではない。現在、様々なプラットフォームに画像を投稿する機会がある。その際、自分では「アート」だと思っていても、AIは「ポルノ」と判定するかもしれない。掲載が拒否されるだけならいいが、運が悪ければアカウントを凍結される恐れがある。

我々ユーザーはどうするべきか。上の事件のように、アートの掲載を求める声を上げるのは当然として、並行して自衛すべきである。自衛の第一歩は現在のAIの判断基準を知ることだ。何がアートで、何がポルノなのか。それを知らなくてはいけない。

だからGoogleに尋ねることにした。

グーグル・チャレンジ

Googleには「画像で」検索できる機能がある。

f:id:honeshabri:20190707170801j:plain:w400
Google画像検索

これを使うと検索に使った画像の「キーワード候補」「類似画像」が出てくる。例えば『民衆を導く自由の女神』で検索するとこうなる*2

f:id:honeshabri:20190707171028j:plain
『民衆を導く自由の女神』のキーワード候補

f:id:honeshabri:20190707171120j:plain
『民衆を導く自由の女神』の類似画像

この機能を使えば、AIが画像をどのように認識したのか分かる。もちろんGoogleの判断とFacebookの判断、あるいはTwitterの判断は異なるだろう。しかし天下のGoogleがアートと判断できなければ、他のプラットフォームでも判断できない確率は高いだろう。第一ステップとしては「あり」ではないか。

さて『民衆を導く自由の女神』についてGoogleは正しく認識できた。しかし、この結果は背景があってのものかもしれない。画像そのままだったから判断できたが、女神だけくり抜くと違う結果になっては困る。なので試した。

f:id:honeshabri:20190707171905j:plain
「くり抜いた女神」のキーワード候補

f:id:honeshabri:20190707172002p:plain:w300
「くり抜いた女神」の類似画像

これでも正しく『民衆を導く自由の女神』だと認識している。さすがGoogleだ。

しかし、これが全裸のキャラだったらどうだろう。

ビーナスの挑戦

「自由の女神」は上半身こそ露出しているが、下半身はしっかり服を着ている。アートの中には全裸の作品も多い。Googleは全裸でもアートと認めてくれるのか、確認する必要がある。

そこでGoogleに挑戦するドリームチームを用意した。

f:id:honeshabri:20190707194834j:plain
Venus Birth

ビーナスバースの皆さんである。

これから彼女たちには一人ずつGoogle画像検索に挑戦してもらう。あなたはAIの判断を当てることができるだろうか。

サンドロ・ボッティチェッリのビーナス

f:id:honeshabri:20190707185832j:plain
Sandro Botticelli [Public domain],Link

彼女を描いたのはサンドロ・ボッティチェッリ。サイゼリヤでたった一人のビーナス…… と言いたいところだが、同じくボッティチェッリ作の『プリマヴェーラ』にもビーナスは登場している。とはいえビーナスの絵画と言えばこの『ビーナスの誕生』だろう。そんな彼女の結果は以下の通りだ。

f:id:honeshabri:20190707191119j:plain
ボッティチェッリのキーワード候補

f:id:honeshabri:20190707191217j:plain
ボッティチェッリの類似画像

キーワード候補は「afrodita hija de quien」(誰のアフロディーテ) とあり、ちゃんとビーナスであると認識されている*3

類似画像についても先頭はちゃんとビーナスだ。一見すると出自のよく分からないキャラも混じっているが、それらはアフロディーテ繋がりで出てきたようだ。

とりあえずボッティチェッリのビーナスはグーグル・チャレンジをクリアしたと言っていいだろう。

ウィリアム・アドルフ・ブグローのビーナス

f:id:honeshabri:20190707192122j:plain
William-Adolphe Bouguereau [Public domain],Link

裸婦像や若い女性の多く書いているウィリアム・アドルフ・ブグローによって描かれたビーナス。彼女は前年に描かれた『ニンファエウム』にも登場している。今で言うスターシステムに通じるものがある。複数作品に登場したことが、吉と出るか凶と出るか。

f:id:honeshabri:20190707192707j:plain
ブグローのキーワード候補

f:id:honeshabri:20190707192802j:plain
ブグローの類似画像

キーワード候補は「nude photography」(ヌード写真) となった。幸い類似画像はポルノ感の少ないものとなったが、アート判定とはならなかったので、グーグル・チャレンジ失敗だ。

アントニオ・マリーア・エスキベルのビーナス

f:id:honeshabri:20190707193655j:plain
Antonio María Esquivel [Public domain],Link

これを描いたアントニオ・マリーア・エスキベルはスペイン人の画家である。彼は病でほとんど目が見えなくなり、自殺しようとしたことがある。しかし友人や同僚たちの支援によって見事回復。このビーナスはその後に描かれたものである。まあ、Googleは絵を判断するのにそんなことを考慮しないが。

f:id:honeshabri:20190707195636j:plain
エスキベルのキーワード候補

f:id:honeshabri:20190707195719j:plain
エスキベルの類似画像

残念ながらキーワード候補はまた「nude photography」(ヌード写真) である。ただし類似画像は赤ちゃんだらけ。エスキベルのビーナスはどう見ても成人女性なのだが、いったいGoogleは彼女のどこに赤ちゃんを見出したのか。

ポルノ要素はほとんど無い結果ではあるが、正しく認識できていないのでグーグル・チャレンジ失敗

アレクサンドル・カバネルのビーナス

f:id:honeshabri:20190707200227j:plain
Alexandre Cabanel [Public domain],Link

アレクサンドル・カバネルが描いたこのビーナスは、サロン・ド・パリで「芸術の王道」と称賛され、ナポレオン三世が買い上げた。前三者と違い寝た体勢なのが、功を奏するか。

f:id:honeshabri:20190707200725j:plain
カバネルのキーワード候補

f:id:honeshabri:20190707200758j:plain
カバネルの類似画像

さすが王道。キーワード候補は「birth of venus」とタイトルそのもの。類似画像も『ビーナスの誕生』関連で占められている。間違いなくグーグル・チャレンジ成功だ。

ルイ・タヴィドゥーのビーナス

f:id:honeshabri:20190707201532j:plain
Louis Devedeux (French, 1820–1874) [Public domain],Link

フランス人画家ルイ・タヴィドゥーによって描かれたビーナス。なんというか他のビーナスと違って「神々しい」というより「生々しい」と言いたくなるのは俺だけだろうか。今回選んだ中では唯一おっぱいが見えていないため、期待できる。

f:id:honeshabri:20190707202154j:plain
タヴィドゥーのキーワード候補

f:id:honeshabri:20190707202218j:plain
タヴィドゥーの類似画像

他よりも知名度が低いからキーワード候補が「nude photography」(ヌード写真) になるのは仕方ない。だが類似画像がことごとくマッチョなイケメンなのはなぜだ。しかも類似画像を見ていくと、男性器を露出させている画像も多々ある。これは完全にアウト。

予想とは別の方向だが、グーグル・チャレンジ失敗

結果まとめ

ビーナスバースによるグーグル・チャレンジの結果をまとめた。

f:id:honeshabri:20190707203512j:plain
グーグル・チャレンジの結果

成功率は40%。この結果から何が言えるだろうか。正直なところ俺には分からない。いかにも絵画らしいボッティチェッリのビーナスが成功するのは分かる。だがカバネルのビーナスが成功して、残りの3人が失敗する理由は何なのか。一番ありえそうなのは知名度だと思うが、ブグローもかなり有名なわけであるし。あとタヴィドゥーでマッチョが召喚される理由が全くもって分からない。

結局、凍結されたくないのなら「チキンレースは止めておけ」というのが結論になりそうだ。

終わりに

大いなる力には大いなる責任が伴う。

GoogleやFacebookなどのプラットフォーマーには、人々を守る責任がある。だからポルノ画像を見て不愉快になる人が多い以上、フィルタリングを厳しくするしかない*4。しかも全てを人力のみでやることは不可能なため、AIに判断させるのも当然だ。だから俺は『民衆を導く自由の女神』フィルタに引っかかるのは仕方ないと考えている。

なので俺としては「ちょっとやそっと裸体があるからといってガタガタ言うな」という方向に世論が進んで欲しい。だからこのブログでは積極的に「アート」を貼っている。

裸はいつから恥ずかしくなったか ──「裸体」の日本近代史 (ちくま文庫)

裸はいつから恥ずかしくなったか ──「裸体」の日本近代史 (ちくま文庫)

裸体表現関係の記事

男性の裸も貼っていく。

*1:女神の乳に導かれる民衆 - 本しゃぶり

*2:俺のプライベート検索結果が反映されると困るので、検索は全てプライベートモードで行っている。

*3:ローマ神話の女神であるビーナスの話は全てギリシャ神話のアフロディーテから由来したものであり、両者は同一視されている。

*4:場合によっては法律に引っかかることもあるし。