読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本しゃぶり

骨しゃぶりの本と何かを繋げるブログ

俺のKindleからプロレスラーを追い出したい

いつかプロレスラーとは戦う日が来ると思っていた。
それは今日であった。

これはその戦いの記録である。


はてなブックマークで気になったニュースがある。

プロレスラーをまとめ買いをすると、135円で226ポイント貰えるという。

俺の計算が正しければ、この取引は間違いなくプラスである。俺は迷うこと無く「1-Clickで今すぐ買う」を押した。

f:id:honeshabri:20160617223248j:plain

プロレスラー達が俺のKindleにやって来た。

表紙を見て満足しPCに目を戻すと、ブラウザには「このご購入で226ポイントを獲得されました。」と表示されている。安心したところでトップに俺は戻った。

f:id:honeshabri:20160617223817p:plain

“20”とは何を示しているのか。

嫌な予感がし、マイポイントのページへ行く。

f:id:honeshabri:20160617224032j:plain

5×4=20

俺は決意した。我がKindleからプロレスラー達を追放せねばならぬ、と。

f:id:honeshabri:20160617223248j:plain

Kindle本をキャンセルする一番いい方法は、購入直後に表示される画面で行うことだ。しかし、今回俺はその画面をすでに閉じてしまっている。この場合、カスタマーサービスで対応してもらうことになる。

Amazon.co.jp - カスタマーサービスに連絡

f:id:honeshabri:20160617224741j:plain

Kindle本をキャンセルしたい場合は、「デジタルサービス」をまず選択。そして「Kindle本について」を選び、「Kindle本の返品」を選択する。今回俺は、チャットで問い合わせることにした。

結果、こちらの要望どおりキャンセルということになった。どうやら現在、一部の「まとめ買いコンテンツ」と「女性向けコミックストアのコンテンツ」で、サイト上のポイント表示と実際に付与されるポイントが異なるという事態が起きているらしい。プロレスラー達はその一つであったというわけだ。

そして担当者の手によってプロレスラー達が消されていった。俺の目の前で次々とKindleから追放されていく。さらばプロレスラー達よ。またいつか会うその時まで。

後日談

広告を非表示にする