本しゃぶり

骨しゃぶりの本と何かを繋げるブログ

【スポンサーリンク】

本の紹介

オタクが我が身を振り返るタイプの寄生虫

オタクはなぜ「お宅」と呼ばれるのは、コンテンツという寄生生物の「宿主」だからである。

メス堕ちさせる表現型

触手によって神経系を侵され、身も心もメスになる。これは現実に起きている話だ。

もっと作品を好きになりたければ具体的な感想を書くべき

他の人に見せることがなくとも感想は書いたほうが良い。作品をもっと好きになれる。

ブルマの興亡史

ブルマはどのように広まり、滅んでいったのか。ブルマの歴史を紐解くと慣習との戦い方が見えてくる。

ひとりぼっちの残酷すぎる成功法則

成功するための方法を知りたければ『ひとりぼっちの○○生活』を見ろ。エビデンスを喰らえ。

予想外にバズってうろたえるマルティン・ルターに親近感

『95カ条の提題』でバズってしまった。想定外のことにルターはうろたえた。

元祖バカッター、エルサレムで尻を出す

過去のバカッターを探していたら、紀元1世紀のエルサレムにたどり着いた。

イエス・キリストのQCサークル活動報告

QCストーリーで聖書を読み解くことで、イエス・キリストの行動が見えてくる。

2018年に読んだ本から5冊

2018年は95冊読み終えたので、その中から紹介する。

リチャード・ドーキンスが「蘭の角」について語ったら

毛利蘭の角について進化論的視点から解説する

長生きしたければ30冊

「長生きしたければ〇〇なさい」というタイトルの本が多すぎる問題

SiriによるKindle読み上げにはスティーブ・ジョブズの物語が向いている

iOSによるKindle読み上げ機能には向いている本とそうでない本がある。俺の場合はジョブズがそれだった。

ウォーレン・バフェットに学ぶ、自己啓発書の使い方

偉大なる投資家ウォーレン・バフェットは、いかにして人を動かせるようになったのか。公認伝記からその秘訣を紹介する。

イエス・キリストが異世界転生の主人公に見える

異世界転生作品に触れすぎるとイエスも転生者に見えてくる。たぶん目にウロコのようなものが貼り付いている。

おっぱいの本17冊目『乳房の科学』は実用的かつ濃厚な読み応え

乳房関係の書籍はいくつか読んできたが、もっとも役に立つのは本書である。

おっぱいの本16冊

PVを取るなら「おっぱい」が強い。だから読むべきおっぱいの本を紹介する。ポルノは無い。

巨乳主義の精神とプロテスタンティズムの倫理

禁欲的なカルヴィニズムの育児倫理が実は近代巨乳主義の生誕に大きく貢献したのだという論考。

死刑となったイエスの家族構成に迫る!事件の背後には生い立ちが関係か?

イエス・キリストとはいったいどのような人物だったのか。最も遅れたトレンドブログ。

2017年に読んだ102冊から星5の7冊を紹介

2017年に読み終えた102冊の中からお薦めする7冊を紹介。

【ご注文はうさぎですか??】ココアに見るフレンズの遺伝子

ココアはなぜ「ココア」なのか。その起源は19世紀のイギリスで活躍したフレンズにあった。

最近読んだ本6冊 (2017年秋)

2017年9月から10月にかけて読んだ本を6冊紹介。

なぜ断面図は性欲を掻き立てるのか

なぜ人は断面図を見て性的に興奮するのか。この壮大な謎を解き明かすため、性欲システムの内部を覗いていく

なぜ人はスイーツを求めるのかキュアカスタードに代わって答える

『キラキラ☆プリキュアアラモード』33話でカットされた回答をキュアカスタードに代わって解説する。

タイムスリップが多発する信長の歴史を統一する

信長の周囲に未来人多すぎる問題。これを整理するために全ての歴史を統一することにした。

読書の習慣をつけるのに向いた精神的コストが軽い本5選

読書の習慣をつけるのに向いた本は、精神的なコストの軽い本である。そんな本を紹介する。

フォロー外から失礼する技術

フォロー外から失礼するにはどうすればいいか。歴史的事件からその技術を学ぶ。

何がヒロインを決闘へと駆り立てるのか

なぜヒロインは決闘を申し込むのか。そこには信仰と自己救済の精神があった。

聖書のバナー広告で悔い改めよ

いかにして聖書を宣伝するか。スマホ時代に合わせた、新しい布教方法がここにある。

チキン南蛮という世界史

チキン南蛮、それは世界史である。相反する二つの流れが一つになった時、君はそれを口にすることになる。

読書習慣が皆無なまま京大に入る奴に薦める本

読書というものをロクにしてこなかった人のために書かれた記事。