本しゃぶり

骨しゃぶりの本と何かを繋げるブログ

やったこと

日記をリアルタイムに書くというソリューション

リアルタイムに日記を書き残すようにしたら続けられた。ストレスは低減し、生産性が高まる。

時間が足りないから筋トレで脳を鍛える

筋トレしながら瞑想することで筋力と一緒に注意力を鍛えることにした。

聖地巡礼してマップをスクショする

聖地巡礼でスマホのマップをスクショすることのススメ。

暇だから瞑想で象使いを鍛え上げる

外に出ることが禁じられたので、内面を探索することにした。

【総集編】本しゃぶりの時間をつぶすのに向いた記事

昔の記事のまとめ記事。ステイ・ホームで暇な人向け。

会社が進化したので「Teamsの先生」をすることになった

職場にTeamsを浸透させるために頑張っているという話。

名画という最強のフリー素材

名画を使えばコンテンツのパワーが跳ね上がる。名画こそ最強のフリー素材である。

幸福になるためにRadiotalkを始めて、ついでにnoteも始めた。あとマシュマロも。

音声配信アプリのRadiotalkを始めた。noteも始めた。どちらかを見て。

ビーナスはポルノなのかGoogleに問いかける

ビーナスの裸体はアートなのか、それともポルノなのか。Googleはどのように認識しているのか試してみた。

予想外にバズってうろたえるマルティン・ルターに親近感

『95カ条の提題』でバズってしまった。想定外のことにルターはうろたえた。

『CATS』というカブトボーグ的スマホゲーにハマる

今更ながら『CATS』にハマって色々と支障を来しているので、被害者を増やしたい

寄稿実績など

俺に記事の執筆を依頼したい人向けの記事

『わたしのネット』でパウロについて書いた

『わたしのネット』への寄稿2回目のネタはパウロになった。

自覚する無知は救われるが、知っていると思いこむ事は恐ろしい恐ろしい

知らないことは調べられるが、知っていると思い込んでいることは調べようとしない。だから誤りに気が付かない。

【Oculus Go】VRの魅力は体勢が引き出す

Oculus Goの魅力を最大限引き出すにはどうしたらいいのか。 それは仮想世界に現実を合わせることである。

Siriお姉さんに励まされながら筋トレを行う

Siriはパーソナルアシスタントである。彼女は俺の筋トレを応援してくれる。

SiriというKindle読み聞かせお姉さん

Siriを使えばKindleの消化が捗る。やり方、問題点、向いている本の紹介など。

Skype通話が500時間を超えた時の思い出

Skypeのグループ通話を500時間以上続けた時の思い出について語る。

『ブラックパンサー』は平均で見るとマイティ・ソー以上、スパイダーマン以下

『ブラックパンサー』視聴時の心拍数と瞬目数を測定した。わりと興奮できる映画だった。

メガネが映画を測る

映画を定量的に語るため、俺はメガネを購入した。心拍数に続く、新たな指標を提示する。

俺はプリキュアのどこで胸を高鳴らせているのか

「プリキュアのどこがいいの?」この質問に答えるため、俺は3年分の心拍数データを集計した。

縦タブのVivaldiこそがウェブブラウザ

縦タブこそがウェブブラウザのあるべき姿である。つまりVivaldiこそがウェブブラウザだ。 ――Firefoxからの移住者

落ちこぼれは「オーストラリア大陸」へ向かうべき

落ちこぼれたのならオーストラリアへ行くといい。犬に勝てれば最強になれる。

続・TOEIC300点で行く海外一人旅

海外へ遊びに行くなら英語力はTOEICで300点もあれば十分。ソースは俺。

ディープネットワークを用いれば女神も色付くか

ディープネットワークを用いれば、あの作品もこの作品もフルカラーになるはずと信じて。

かくして俺の目からウロコが落ちた

はてなブログを書いていたらアニメが分かるようになったという体験談。

はてなブログの文字数制限

はてなブログは俺にとって狭すぎたので調査を行った。

このブログについて

「本しゃぶり」がどのようなブログであるかを紹介するために、特徴的な記事を10個選んだ。

親指シフトに転向して半年が経ったから報告する

親指シフトを半年間続けてわかったことについて

俺のKindleからプロレスラーを追い出したい

プロレスラー達が俺のKindleにやって来た。しかし、そこには罠があった。俺はこいつらを追放したい。