本しゃぶり

骨しゃぶりの本と何かを繋げるブログ

巨乳の炎上に見る進化と文化のミスマッチ

『ひとりの成人は乳を見た』
『もうひとりの成人は、言動を通して心をみていた』

あなたはどちらだろうか?

燃える巨乳

また巨乳キャラが話題になっている。

巨乳キャラでも堂々としていればいいとは何だったのか。まあ、キズナアイの件*1を考えると、胸のサイズや表情というのは重要ではないのだろう。

この手の展示物が話題になるたびに、「逆の立場になって考えろ」という意見が出る。男性だって性的に消費されるような展示物が公共の場にあったら不快になるだろう、と。

しかし、女性向けに作成された展示物が「男性を性的に消費している」と問題になったことはほとんど無い。おそらく探せば一つくらいはあるのだろうが、俺はパッと思いつかない。定量的に語るのは難しいが、男性向けに比べたら炎上の頻度は少ないだろう。

f:id:honeshabri:20191022202715p:plain
Togetterで「ジェンダー」タグのまとめについたタグからも予想できる

この実感が正しいのならば、なぜ炎上するのは男性向けが多いのだろうか。女性は慎み深いから?ポスターのデザインを決める権力を持っているのがオジサンだから?

俺はどちらも違うと考える。

資本主義の精神が根付いたこの時代、誰もが集客するために目立とうとあらゆる手を尽くす。男性の「性的キュー」 (反応を引き起こすトリガー) を利用することが宣伝に効果的であるのなら、女性に対しても使わない理由はない。どう思われようと売れた者が正義なのだから。

女性向けの性的なポスターが炎上しない理由、それは女性の性的キューが社会の価値観と一致する方向にあるからではないか。

女性が惹かれるパーツ

多くの男性は「おっぱい」が好き。これはイメージとデータが一致する。オギ・オーガスサイ・ガダムは検索エンジン「ドッグパイル」に打ち込まれた検索ワーズ約4億語を分析し、人々がどのような用語でエロコンテンツを検索しているのかを調べた。その結果、体のパーツにまつわる語句で最も多かったのは「乳房」にまつわる単語であり、性的検索ワーズの4%を占めていた*2

では女性の場合はどうなのだろうか。困ったことに、男性と同じように検索ワーズを調べてもあまり意味はない。女性は男性ほど画像・映像を探さないからである。

f:id:honeshabri:20191022203045j:plain:w400
動画を見る目ではない

アル・クーパーらがスウェーデンで行った「性的オンライン活動についてのアンケート」によると、主な活動として「エロ画像・動画を見る」と回答した割合は、男性は37%で最も人気だったのに対し、女性は6%にすぎなかった*3。女性に人気なのは「恋人やセフレと連絡を取る (21%)」*4「同じ性的嗜好の人達とチャットする (17%)」*5である。

そこでオーガスとガダムは「エロ文章を読む (9%)」*6に目をつけた。二人は1,878人の作家による10,344作品のロマンス小説の全文を抽出し、ヒーローの体がどのように描写されているか調査した。ヒーローのパーツを表す頻出語トップ7は以下となった。

  • ほお骨
  • あご
  • ひたい
  • ウエスト
  • ヒップ

また、同じ調査でヒーローのルックスを表す形容詞の頻出語トップ7は以下となった。

  • 引き締まった
  • 美男子の
  • 金髪の
  • 日焼けした
  • 筋肉質の
  • 男らしい
  • 端正な

以上を見てわかるように「尻 (ヒップ)」こそあるが、「股間」に注目するワードは無い。また「大きな」「立派な」といった形容詞もトップからは外れているのである。したがってアンチ巨乳派がよく持ち出すような「股間を強調した巨根のキャラ」は女性における需要が少ないのである*7

女性が性的に消費しがちな男性の身体的特徴は以上だが、「外見」という観点では抜けている要素がある。それは男性の立場を示すものだ。

18禁のハローワーク

女性に人気の職業とはなんだろうか。正確に言えば「女性が性的に消費する人気の職」のことである。ここでもまたロマンス小説が役に立つ。

アンソニー・コックスマリアンヌ・フィッシャーは1949年から2009年までのロマンス小説、計15,019作の作品名を分析した*8。この調査結果の中に、頻出する職業トップ20がある。これから男性の職業を抜き出したトップ10が以下だ。

職業 頻度
医師 388
カウボーイ 314
ボス 142
王子 122
牧場主 79
騎士 77
外科医 77
55
ボディーガード 41
保安官 40

「カウボーイ」や「牧場主」「保安官」あたりはいかにもアメリカらしい。以降には「兵士」「弁護士」「海賊」と続く。

この結果について著者らは、「資産」「たくましさ」が求められていると分析している。また、「ボディーガード」や「保安官」「弁護士」などは庇護のイメージから「たくましさ」に通じるのではないかと考えている。

したがって女性向けの性的なキャラを作るのならば、ただのイケメンではなく、「金持ち」*9「強者」の印象を与えるようなデザインであることが望ましい。

f:id:honeshabri:20191022163153j:plain
『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』3話

ギルガメッシュが人気なのも納得である。彼のためならば血を捧げる人は多いはずだ。

そんな逸材を赤十字が見逃すはずがない。

f:id:honeshabri:20191022164025j:plain
Fate/Zero-アニメ公式サイト- より

性的消費ここに極まれり。

ただし一点注意しなくてはいけない。このポスターはFateファンにとっては性的であるかもしれないが、Fateを知らない人にとってはそれほどでもないということだ。それは書かれたセリフ "忠道、大儀である。" のコンテキストが分からないからだ。

お気持ちが重要

ここで女性がネットでどのように性的欲求を解消するか思い出して欲しい。1位が「恋人やセフレへの連絡」で、2位が「チャット」である。そして画像や動画を見るのよりも文章を読むことを好む。これは肉体だけでなく、精神的な繋がりも求めるからだ。

これもまたロマンス小説を読めば分かることだが、より定量的な調査としてオーガスとガダムがAdultFanFiction.netの女性向け官能小説を分析した結果をみてみよう。彼らは作中でよく使われる男性の人称代名詞を含む2語の語句を抽出した。

  • his gaze (見つめる彼の目)
  • his lover (彼の恋人)
  • his teeth (彼の歯)
  • his heart (彼のハート)
  • he sighed (彼は吐息をもらした)
  • his mind (彼の気持ち)

対してNifty Erotic Stories Archiveのゲイ向け小説で多く登場するのは以下だ。

  • his hole (彼の穴)
  • his shorts (彼のパンツ)
  • his butt (彼のケツ)
  • his dad (彼のパパ)
  • his dick (彼のペニス)
  • his big (彼の大きな)

読者の性別が異なると重視される要素も異なることがよく分かる。女性向けは感情の描写に重点が置かれているのだ。

この傾向は小説だけでなく、動画でも同じことが言える。1995年に開設された歴史ある女性向けアダルトサイトSssh.comの創業者アンジー・ラウントリーは「女性は前戯を見たい」と語り、「行為に入る前にキスやトークをしているところを見たい」と述べた。男女の気持ちが通じ合っているところを示す必要があるのだ。

以前に同じような意見をTwitterで見たことがある。

「女性向けと男性向けのエロ本の違い」が分かるイラスト - Togetter

Togetterのコメント欄では「主語が大きい」とか「作品による」といった批判も多かったが、おそらく傾向としてツイ主の認識は間違っていない。その他の調査でも、女性が心情を重要視していることは結果に出ている。

なので女性の性的キューを利用したければ、心情に訴えかけるようなワードを用意するのがいい。「寄り添い確かめあう、甘美な時間」とか「愛しい人と触れあう、優しい時」という感じに。これは『anan』No.2114の表紙に書かれていたものである。

したがって、男性の性的キューを強調したキャラは「胸や尻が強調された美少女」であるのに対し、女性の性的キューを強調したキャラは「心が通じる有能なイケメン」である。問題はポスターとして公共の場に張り出された時、炎上するのはどちらか、ということだ。

進化と文化のミスマッチ

男性と女性でこのように性的キューが異なるのは、繁殖におけるコストの差であると考えられている。

ヒトに限らず様々な種において、生殖細胞に必要なエネルギーはオスの方がメスよりもはるかに少ない。そのため遺伝子を残す上で有効な戦略は、試行回数を増やすことである。卵は一つの籠に入れるべきではないのだ。だからオスの性的キューは繁殖準備が整ったサイン = メスのパーツであり、簡単に反応すると考えられている*10

対してメスの場合は1度の選択を誤るとエネルギーロスが大きい。だから相手をしっかりと見極める必要がある。しかもヒトの場合、オスからは精子だけでなく、労働力も提供してもらわなくてはいけない*11。だから健康的 = イケメンであることはもちろんのこと、加えて甲斐性はあるか信頼できるかも気にする。ゆえに精神的な繋がりを求めるのだ。

このように性別による性的キューの違いは生殖細胞の違いであり、どちらも適応度*12の最大化を追求した結果にすぎない。生物学的視点で見れば、どちらが良いというものではない。

f:id:honeshabri:20130721171452j:plain
これが虫の話なら冷静でいられる / AfroBrazilian CC BY-SA 3.0, Link

しかし、社会的視点では違う。

どんな相手と関係を持ちたいか訊かれた時、一方は「おっぱいが大きい美少女」と答え、もう一方は「健康的なイケメンがいいけれど、稼ぐ力も大事。でも一番大切なのは愛し合えるというと」と答える。

前者はバカで、後者は将来のことをよく考えているように思える。どちらも自分の性的欲求に正直なだけなのに。

これがパートナー選びだったら男性も理性が強く働くのでここまで極端ではないが、それこそポスターに使うキャラの選択だったらどうだろう。注目を集めるには性的キューを利用する方がいいに決まっている。

ところが今の社会の価値観は、男性の性的キューは女性をモノのように扱う悪しき表現とされつつある。だから男性向けキャラのポスターばかり炎上するのだろう。炎上の原因は進化と文化でミスマッチが生じているためなのだ。

終わりに

「社会的な価値観」がある。そして「男の価値」がある。昔は一致していたが、その「2つ」は現代では必ずしも一致はしていない。

リンゴォ・ロードアゲインによるこの発言は、巨乳ポスターにおいても言えるのだろう。本来は遺伝子を残す上で有用な仕組みが、今の社会的価値観と合わなくなっている。だからこの問題は繰り返し噴出するし、解決が難しいのだろう。

誤解の無いように書いておくが、俺は「本能だから仕方ない」とか「価値観を昔に戻せ」と言いたいわけではない。俺は例のポスターはOKと考えるタイプだが、それは表現に対する制限はなるべく緩い方がいいと考えているからであって、本能に根ざすかどうかは関係ない。本能由来だろうと、社会の運営を阻害する要素はコントロールするべきだと考えている。ただし、その場合は規制ではなく、仕組みで解決することを目指したほうがいい、とも。

今回この記事を書いたのは、巨乳に対して巨根を持ち出す奴があまりにも多いからだ。この手の話題のたびに必ずと言っていいほど現れる。「身体の性的特徴」という意味では間違っていないが、「性的キューの強調」という意味では間違っている。男女を逆転させるならば「心の通じる高スペックなイケメン」を持ってこい。

人はすぐに勝手な思い込みだけで話を進めようとする。このような性的な話題であっても、ちゃんとデータを基に論じるべきだ。FUCKFULLNESSの精神を忘れないでほしい。

参考書籍

いつもの本。

この本は記事を書く上で本当に役立っている。今回紹介した研究はできる限り元の論文にあたったが、それもこの本に引用文献として書いてあったからである。たぶんこれからもお世話になるだろう。

続き

*1:ノーベル賞のNHK解説に「キズナアイ」は適役なのか? ネットで炎上中【追記あり】(千田有紀) - 個人 - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/sendayuki/20181003-00099158/

*2:他にパーツで人気なのは「女性器」2.8%、「ペニス」2.4%、「お尻」0.9%と続く。

*3:(PDF) Predicting the future of Internet sex: Online sexual activities in Sweden

*4:男性では8%

*5:男性では10%

*6:男性では6%

*7:ちなみにゲイの男性にはとても需要がある。男性器はゲイの関係の性的検索ワーズの中でパーツとしては1位だ。だから「股間を強調した巨根のキャラ」の画像が貼られたならば、それはゲイ向けのポルノから調達された可能性が高い。

*8:The Texas billionaire's pregnant bride: An evolutionary interpretation of romance fiction titles.

*9:特に「金持ち」は重要で、オーガスとガダムが2010年9月にAmazon.comで販売しているロマンス小説のタイトルを調査したところ、「百万長者」がつくものが415冊、「億万長者」は286冊、「王族」は263冊あった。

*10:例えば白色レグホンの雄鶏は「赤いトサカ」が性的キューである。赤いトサカがついていれば、体が偽物でも交尾をしようとする。ダッチワイフを楽しめるのは人間だけではない。

*11:精子をもらったら別れるタイプの生物だと、メスはオスの外見を非常に気にする。最も優れた遺伝子の持ち主を見極めるためだ。クジャクはその一例である。

*12:生物が子孫をどれだけ多く残せるかの尺度。