読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本しゃぶり

骨しゃぶりの本と何かを繋げるブログ

けものフレンズ考察班 VS 哲学的ゾンビ

見たもの 本の紹介

その話は考察するに値しない。
脚本の人は哲学的ゾンビなのだから。

彼女は真顔でそう言った。

続きを読む

けものフレンズの歴史〈原始・古代編〉

考えたこと 見たもの

人類とフレンズの関わりは歴史的に見ても長く、そして深い
忘れ去られようとしている、ともに過ごした日々の記録をここに残す。

f:id:honeshabri:20170211141258j:plain
けものフレンズ』4話より
続きを読む

けものフレンズで失ったIQはこの本で取り戻せ

本の紹介

アルジャーノンに花束を
フレンズには書物を。

今こそ知の高みを目指すのだ。

f:id:honeshabri:20170204190043j:plain
けものフレンズ』3話より
続きを読む

けものフレンズ追跡の手引き

見たもの

シートン動物記』の著者E・T・シートンは「追跡不可能な動物はいない」と言った。
この記事を読めば『けものフレンズ』の最新話に追いつける。

f:id:honeshabri:20170125205710j:plain
けものフレンズ』1話より
続きを読む

アニメ『けものフレンズ』は人類史600万年を探求する

本の紹介 見たもの

獣を知ることは、人類を知ることである。
今こそ人類史を探求する時だ。

続きを読む

【ユーリ!!! on ICE】グエル公園におけるユリオとオタベックの立ち位置について

行ったとこ

『ユーリ!!! on ICE』の10話を見て二人の立ち位置が気になったので、グエル公園で確認してきた。

f:id:honeshabri:20161230121230j:plain
続きを読む

【ユーリ!!! on ICE】バルセロナで夜明け前にプールに入るバカは、俺以外はロシア人すらいなかった

行ったとこ

忙しい日常から離れて、自分らしく過ごすバカンスが人生には必要だ。

f:id:honeshabri:20170105013851j:plain
『ユーリ!!! on ICE』10話より
続きを読む